口内の病気を予防するために

>

口内に異常が起こっている時

歯茎から血が出る症状

最もわかりやすいのは、歯茎から血が出る症状です。
歯を磨いた時に血が出ていたら、歯茎が弱っている証拠です。
放っておくとどんどん症状が悪化して、歯が抜け落ちてしまいます。
歯医者に行くと治療できるので、早めに相談しましょう。
また冷たいものを飲んだり食べたりした時に、染みたら異変が起こっていると思ってください。

歯茎が健康な状態なら、染みることはありません。
そのままでは満足に食事を済ませることもできないので、歯医者を見つけてください。
前もって歯医者を見つけておくと、困った時にすぐ相談できます。
歯の治療は得意でも、歯茎の治療は苦手な医師が見られます。
詳しく情報を調べて、歯茎の治療に慣れている医師に相談しましょう。

口臭に気をつけよう

歯茎に異変が起こると、口臭がひどくなるという特徴があります。
しかし自分では、口臭に気づきにくいです。
人に指摘されて、ようやく気づく人が多いです。
その頃に歯医者へ行っても、歯茎の異常が悪化している可能性があります。
こまめに自分で、口臭がひどくないか確認してください。
さらに朝起きた後に、口の中が粘っているように感じたら歯茎に異変が起こっています。

そのようなサインが見られるので、異常だと思って医師に相談しましょう。
薬品が薬局でも販売されていますが、病院で処方される薬より効果が小さいです。
まだどのような症状が起こっているのか具体的にわかっていないので、歯医者に行ってふさわしい薬を処方してもらった方がいいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る