口内の病気を予防するために

大人になったら歯茎の健康も気にした方が良い

年齢に合わせたケアが大事

年齢が若い頃は、歯茎がしっかり引き締まっています。
ですが年齢を重ねると、次第に歯茎が衰えてしまいます。
すると歯が抜け落ちる被害が出るので、健康を意識してください。
歯そのものの健康も重要ですが、歯茎が弱らないよう対策をすることをおすすめします。
歯茎を引き締める効果を持っている歯磨き粉があるので、使ってください。
年齢に合わせて歯の悩みが変わります。
虫歯予防の効果を持つ歯磨き粉だけでは、足りないかもしれません。

優しく歯をブラッシングすることで、歯茎を守れます。
強い力で擦ると、歯茎を傷つけるので劣化を早めます。
絶対にしないでください。
また1本ずつ磨くことで、歯垢や歯石を落とせます。
歯垢や歯石が残っていると、歯茎に悪い影響を与えます。
綺麗にブラッシングするため。鏡を見るのもいい方法です。
歯を綺麗にすることが、歯茎を守ることに繋がると理解してください。

サインを見逃さないことも大事です。
冷たいものが染みたり、口臭が気になった歯茎に異常が起こっている可能性が高いです。
本格的に治療するため、歯医者に行ってください。
対応が早ければ、歯茎の状態を元に戻せます。
歯茎の状態がもっと悪くなってから歯医者に行っても、回復するのは難しいです。
治療がなかなか進まないので、歯をいくつか失ってしまうケースが多いです。
きちんと歯茎のケアをして、異常が起こったらすぐ歯医者に行くことで、御老後になっても自分の歯で過ごすことが可能です。

TOPへ戻る